歯の黄ばみ解消に最適なホワイトニングの必要な回数

鏡を見ると歯の黄ばみが気になることがありますが、タバコのヤニが原因ばかりではありません。タバコを吸わない人でもよく起こる現象です。原因は、エナメル質から透けて見える象牙質の色です。歯は象牙質で覆われていますが、象牙質をコーティングするように、丈夫なエナメル質が覆う形で歯の健康を守ったり、白く見せています。
歯の黄ばみが目立つのは、日本人のエナメル質が薄い傾向にあるためです。黄ばみはタバコのヤニ、象牙質の色だけでなく、食べ物の色素が付着することでも色が濃くなっていきます。
黄ばみの解消にはホワイトニングが役に立ちます。専用の薬剤を歯に塗りつけて浸透させることで、白くする手段です。
ブラッシングでも歯を綺麗にすることで色素を薄くできますが、あくまでもエナメル質表面の色素汚れを取り除くだけに過ぎず、白さを手に入れるには程遠いのが現状です。色素汚れは普段のブラッシングだけでは十分に落としきれません。高度なホワイトニング治療で、望みどおりの歯の白さを手に入れたいところです。
ホワイトニングで歯の黄ばみが解消される目安の回数として、おおよそ3回の施術を受けると、白さがわかるようになります。さらに白さを実感したいなら、回数を重ねると効果がアップします。
施術を受けるときに注意したいのが、ホワイトニング効果は永久的に得られるわけではないことです。一時的に白くさせることしかできません。いつまでも白さを維持したいなら、半年に1回の定期的な施術を受けましょう。3ヶ月~6ヶ月くらいの持続効果があるとされるためです。
最初の施術で白さを得られるようにするには、1週間くらいの間隔をあけて通うようにします。基本的に1回の施術料金が設定されています。施術を受ける施設によって違ってくるものの、審美歯科で受ける場合、1回につき2万5000円前後が相場となっています。ホワイトニング効果を維持するために定期的に通い続ける場合だと、格安料金で実施してくれる審美歯科も見られますので、お得な施設を選んでみましょう。
保険が適用されない審美歯科の施術ですので、全て個人負担です。ただ、審美歯科においては比較的料金の安い美容施術であり、とても人気があります。
美容目的であっても取り返しのつかないトラブルに巻き込まれないために、評判の確かな審美歯科を選ぶようにしましょう。審美歯科は一般歯科も同時に行っているところが多く、口腔内の定期健診でも利用しやすいのがメリットです。注目のホームホワイトニングはこちら